· 

「#ふつうのおんなのこ(ゲズンタイト)」買っちゃいました。

「ゲズンタイト【Gesundheit】」ってドイツ語で「健康」って意味らしいです。


どもども。

エロ漫画ではカワイイ系の絵が好きだと言いつつリアル系の絵も喜んで見てる、節操無しのBM通信編集長ことカリスマ店員2号です(笑)

面白い系の成コミも喜んで読んでます(ホントに節操無し)

 

さて、気を取り直して、今回おすすめしたいのはこれ。

 

 

 

 

 

タイトル:

「#ふつうのおんなのこ」

 著者 :ゲズンタイト

 出版社:リイド社


 

彗星のごとく現れた謎のドイツ人エロ漫画家

ゲズンタイト先生がクリベロンを舞台に

縦横無尽&天元突破の妄想を爆発させた作品群の

ノンストップミックスです!(笑)

 

個人的な感想はこんな感じ。

   エロ度★★★★

   萌え度

 ストーリー★★★

   実用度★★★★★5で満点)

始まって2ページ目のショッキング映像(笑)から始まる『深層心理ランデブー』

始まって2ページ目でツッコミが止まらなかった(笑)、クリベロンの登竜門的新人賞・蒼狼賞受賞作品ツライもん』

中国語の海賊版がネット上に拡散され話題になった『委員長 vs The World』と、始まって2ページ目の展開でびっくりさせられた『委員長GENESIS』

「始まって2ページ目」エンジン全開のドキュメント風作品『密着エロ漫画家24時』

…などなど、傑作短編盛りだくさん、マニアならずとも見逃せない一冊になっておりますが、個人的に一番オススメは『タイムストリッパー麗花』ですかね。

展開の面白さをエロ漫画に求める方、

アヘ落ち好きな方にお勧めです。