METALLICA(メタリカ)の新譜が遂に出ます。

オッス!10月注目の坂口杏里のAVですが、正式な商品情報解禁がそうとうじらされたので、「本当はキャッツアイの方のアンリで言い出しにくくなった」と深読みしてましたが、そんなことはなくてちょっと安心している3次元野郎です。ε-(´∀`*)ホッ

 

まぁ、MUTEKI(ムテキ)といえば熟女元芸能人の登竜門と言えなくもないので、ありそうですよね・・え!ない?

 

それはさておき、2016年11月18日(金)に、遂にMETALLICA(メタリカ)のニューアルバムが発売です!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

冒頭のPVは、アルバムからの新曲になります。

元メンバーのジェイソン・ニューステッド※さんにも好評らしいです。

 

※カリスマベーシストだったクリフ・アンダーソンの後任として加入。クリフとは違うパワフルなパフォーマンスで中期のメタリカの躍進に大きく貢献したが、舞台裏では小公子セディのようなイジメを一身に受け続け、最終的に脱退。アルバム「…アンド・ジャスティス・フォー・オール」では、ベース音をほぼ消された状態でリリースされたのは有名な話。oneとか名曲が収録されてのにもったいない・・・。ベースが聞こえないせいか、ドラムの音もなんかやたらデカく感じます。最近は、ドラムのラーズとは仲なおりしているっぽいです。

 

前作「デス・マグネティック」が2008年9月だから8年かぁ・・・。

以外と年数経ってましたね。

 

幸いなことに、その間に、2回来日(内1回はサマソニヘッドライナー)あったから、そんなに待たされた感がないですね。

新作「ハードワイアード...トゥ・セルフディストラクト」 …ってタイトルに入るの好きよねw
新作「ハードワイアード...トゥ・セルフディストラクト」 …ってタイトルに入るの好きよねw
前作「デス・マグネティック」 ノーマルチューニングに戻した効果で初期テイストな雰囲気に。ちょっとオーガニックすぎる音作りがモダンであり、ガチなスラッシュファンからは物足りない部分かなーと。
前作「デス・マグネティック」 ノーマルチューニングに戻した効果で初期テイストな雰囲気に。ちょっとオーガニックすぎる音作りがモダンであり、ガチなスラッシュファンからは物足りない部分かなーと。

 

ま、良かろうが悪かろうが、まずは買ってから判断!

 

が、ファンの勤めなので、まずは発売日を待つとしますかね~(o^―^o)♪

 

もはやメタリカ先生ぐらいになると、メタルファンだけのファン層じゃないですからねぇ。

幅広いファン層にむけて、万人受けとかもはや不可能。

 

誰にも媚びないビートルズのような「俺たちが作ったものが最高」であってほしいですね。

 

長い歴史で、失敗しないために同じものを作るとかしないのが、

メタリカのカッコいいとろですし。

ベスト盤はいまだなし。リレコーディングもなし。そこがもったいなくもありカッコいい。)

 

まぁ、「マスター」「ライド・ザ・ライトニング」を超えるアルバムだったらいいなぁとは、

思いますけどね(;^ω^) さすがに傑作すぎる。(けど、マッドマックスがまぁ2を超えるのは無理だろーと、あっさり超えた前例があるので、何があるかわかりませぬぞ!)

 

せっかくなので冒頭でふれた、ジェイソンさんがいるときのライブ映像おいときます。

大体1曲目にやる代表曲の「クリーピング・デス」death!!

 

                     \ダーイ!ダーイ!/


って、おい、ブックメイトのロゴって何かに似てないか!?Σ(゚Д゚)

と思ったら、お店に行ってみよう!

最寄りのブックメイトはコチラ→ ブックメイトHP