触手について考えた。

最終巻買いました。


触手【ショク-シュ】

触手というのは、動物の頭や口の周辺から生える突起物を指す言葉である。

ただし、細くて固く、動かないものは髭と呼び、動かず、太くて固いものは角と呼ばれる。

触手と呼ばれるのは、それが柔らかくて、ある程度以上太く、自らの意思で動かすことができて、ものを探り、それをつかんで引き寄せることができるようなもの、あるいはえさを取るのに使うものを指すことが多い。

一般的な例ではタコ・イカの足や、クラゲ・イソギンチャクの水に漂う部分などが触手にあたる。 

 

(Wikipediaより抜粋)

触手責め【ショク-シュ-ゼメ】

触手責めとは、フィクションにおいてイカやタコのような軟体動物、あるいはファンタジー作品やSF作品に登場する架空の怪物が触手を用いて人間と性行為を行うシチュエーションである。

触手責めは日本においてとくに好まれ、発展したポルノグラフィの一様式である。

古くは葛飾北斎の『蛸と海女』で描かれており、これが触手ものの起源であるとも言われている。

(Wikipediaより抜粋)


夏です!

夏と言えば海!

海と言えばクトゥルフ先生!

触手の季節です(笑)←強引


どもども。いつか俺の息子が触手にならんかとトレーニングを欠かさない男、カリスマ店員2号です。

 

分かりやすそうなとこ代表で言うと、

先日最終巻が出た「暗殺教室」(ジャンプ・コミックス)の、殺せんせーから生えてるのがいわゆる触手です。

実在してるやつを学術的に分けるといろいろあるみたいなんですが、その辺はまあ置いといて、とりあえず架空の方。

 

『触手』モノのエロ動画を調べると同時に出てくるタグはこんなのがよくあります。

 

 

 

『SM』『緊縛』

 

『鬼畜』『レイプ(陵辱)』

 

『異物挿入』『異種姦(蟲責め)』

 

『二穴責め(三穴責め)』『アナル(スカトロ)』

 

『ぶっかけ』『中出し』『潮吹き』

 

『ボテ腹』『腹ボコ』『孕ませ』

 

『貫通』『拡張プレイ』

 

『薬物』『アヘ堕ち(快楽堕ち)』『催眠』

 

『ふたなり』『レズ』

 

…等々。他にもあるとは思いますが

  とりあえずこんな感じで各種出てきます。


触手の種類も様々で、

動物系、海産物系、虫系、植物系、機械系、魔法系、etc…

とまあ、ホントに様々です。

 

ネットなんかだと、

『触手は少年漫画・少女漫画を含め様々な分野で描かれているモチーフであることから、これは男性向けのアダルトゲームなどにみられる「男性キャラクターを後景化・透明化する手法」の派生系と考えることもできる』という意見があったりするんですが、

個人的には、成年コミック作家のTANA先生が

『およめさまHONEYDAYS❤』の中で言ってる、

『(前略)触手とは、自由であり、平等であり博愛の象徴なのだと。イケメンもブサイクも関係ない。身体能力も貧富も性格も知性の差もない。触手には言葉も通じず、社会通念やプライドといった余計な価値観も無い。極めて原始的なオスの性質が具現化された生物。だから触手にはほかのエロゲーと違って劣等感を抱かないで済む。しかも解放されるのは(エロゲー)プレイヤーだけじゃない。触手は女の子のオシャレや見栄や社会的立場や年齢にこだわらず、誰もを等しく種付け用の肉穴として認識するんだよ(後略)』

という意見が一番しっくり来てます。



・・・何が言いたいかというと、

「8月は触手系のエロマンガが出るんでよろしくお願いします」って事です(笑)


成年コミック買うならブックメイトへ!

中古成年コミック(100円以上) 冊で冊無料!