これが新生MMRなんだよ!!な…なんだってー!?

     ※ちょっとネタバレ注意ですぞ('ω')ノ  


春ですねー(。・ω・)ノ゙
陽気な気温がたまらなく気持ちがいいのですが、
花見に行く間もなく桜が散ってしまった××(バツバツ)です。
 

 

というか花見は数年行ってないような気がします・・・(-_-)トホホ

 

 

そんな春の陽気をぶっ飛ばす(すっ飛ばす)漫画「新生MMR(マガジンミステリー調査班)~迫りくる人類滅亡3大危機!!~」の紹介だYO!(^o^)/

 

MMR(マガジンミステリー調査班)」とは!?
~時は1990年、独自の調査ルートから様々な超常現象を追求し、その真相を明らかにすべく発足したのが、マガジンミステリー調査班、通称’MMR’である!(本書冒頭より)
 
勝手に付け加えると、

 

~かの預言者「ノスタラダムス」の予言詩「1999年7の月~」に振り回され、何度となく終末要因を探り当て、1999年には「考えうる限りの大破局のオンパレード」が結果的に来なかったと同時に休載したのがMMRである。

 

・・・お分かりいただけただろうか・・・(某TV特番のナレーション)  

 

 

 

と、オカルト・超常現象大好きっ子の筆者にとっては脳と心が躍る漫画なのですよ。
しかも今回も「3大危機」ということで3つの破局が調査され予想されるのです(まったく懲りてない)
 

 

ここで人物紹介です。

左:ナワヤ:副リーダー的存在

左2番目:タナカ:大学時代は考古学を専攻

右:トマル:探求心とMMR愛が強い。

右2番目:イケダ:英語が堪能

この4名が主要MMRメンバーです。

そして、これらそこまで癖のないメンバーをまとめる「絶対的リーダー」がキバヤシである。

 

 

 

ちなみに、今回から紅一点のハシモトというかわい子ちゃん(古い)がメンバーに加わっていますよ。

ということで、ここで主な流れの紹介です。

 

 
①タナカ、イケダ(途中からトマル)が読者のハガキについて神妙に話している
②そこへお調子者のナワヤが来て彼らの心配事を一般論で一蹴する
③ナワヤの発言で納得しかけるタナカとイケダ(途中からトマル)
④「そうとは限らんぞナワヤ!」と言って会話に割って入る絶対的リーダーキバヤシ
⑤キバヤシ理論に心が動き動揺しだすメンバー「な、なんだってー!!」

 ⑥「よし調査に行こう!」と学者や霊能者に情報収集へ向かうMMRメンバー

 

大体こんな感じです( ゚Д゚)
さすがに皆さん年をとっていて、イケダは髭を生やしてたり、ほかのメンバーもしわが増えたりしてます。
リーダーキバヤシも旅に出ててロンゲに髭面を披露。

 

容姿は変われど、上記の流れは相変わらずなのでほっこりしますww

 

そして、今回の主たる3大危機を招く鍵となるのが・・・  

 

 

 

 

 

「ノスタラダムスの予言詩」なんだよ!!!!  

 

 

 

 

「な・・・・なんだってーーーーー!!(懲りないね)」  

時代が変わっても「ノストラダムスで始まりノスタラダムスで終わる」のは変わりないです、はい。

 

そして今回迎える破局年は

 

 

 

2020年!!!!!

 

「な・・・・なんだってーーーーー!!(もういいよ)」  

無事、東京オリンピックが開催されるか不安になりますね(´_ゝ`)ヤレヤレ
オカルト好きには定番の2020年破局説ですが(マヤの暦とかね)今回もぶっ飛んだ内容で進行します。
どんな情報やネタでも飛躍して解釈するのがMMR流、「日焼け止めクリーム」からも情報を得ます。

 

そして、こういった調査を進めるうえで障壁となるのが、真実へ近づこうとした時に現れる敵(ライバル)である「レジデント・オブ・サン」という謎のおじさん(組織)です。

ドラマ「Xファイル」でもモルダースカリーの邪魔をする人物は色々いましたね。そんな感じです。
 

 

そういえば「Xファイル」も新シリーズが始まるんですよね(っ´∀`)っタノシミダワー
という具合に(これ以上書くとネタバレが過ぎるので)MMR節は健在の新作となっているわけです。

 

加えて、今回はキバヤシ主役のギャグマンガ

 

 

 

「キバヤシ隊長の華麗なる生活」も収録されているんだよ!!!!  

 

 

 

「な、なんだってーーーーー!!(これで最後)」  

 

 

 

あのキバヤシがシャワーを浴びたり、猫と戯れたり、

ヒーロー番組の作詞をしたり、

ネトゲーで廃人になったりしてますww。

興味のある方はぜひご一読してね。  


これ見て気になった方は最寄りのブックメイトへ!

※売ってない所もあるのでご注意を(´_ゝ`)