「カチクアネ(TYPE.90)」買っちゃいました。

肉付きの良さは相変わらずです♪


どもども。BM通信の編集長ことカリスマ店員2号です。

 

去年の正月は、コミケで痛めたギックリ腰のせいで病院が開くまでの5日間一歩も動けず、

 図らずも寝正月を送ることになったんですが、

今年はなんかだらだらしてる間に正月が終わっちゃいました。

お正月ダンジョンの存在すらすっかり忘れていたというぐらいです。

 

友人は頑張って攻略したらしいです。くそう。


自分を律することが出来ない人間って、楽な方に楽な方にと転がっていきますよねぇ。ねぇ・・・

|ω=)… ←仲間がいると信じている。

 

気を取り直して、今回おすすめしたいのはこれ。

 

 

 

 

  タイトル:『カチクアネ』

   著者 :TYPE.90(タイプキュージュー)

  出版社:ワニマガジン社

 


今回は珍しく短編集の形をとってますが、内容は安定のハイクォリティー!!

また、TYPE.90先生の作品を安心して読める理由の一つだと思いますが、

悲壮感があんまり感じられません。

 

帯には『怒涛の陵辱ハードコア・エロス。輪姦づくしの最新作品集』と書いてあるし、

バッドエンドっぽい物も多めなんですが、

なんというか… 犯られてる時とイってる時の顔が嬉しそうなんですよね。

イヤイヤ言っても下の口は的な感じです。


さて、個人的な感想。

 

  陵辱人妻度★★★

  快感籠絡度★★★★★

     実用度★★★★★ 5で満点)

 

籠絡:うまくまるめこんで、自分の思う通りにあやつること。

という言葉を使ってみましたが、まぁチンポに丸め込まれるのが早いこと早いこと(笑)

話がスタートする時点で6割ぐらいは期待して濡らしてたんじゃないかっていう展開の速さ。

短編ならではなんでしょうねえ。

ヒロインさんにしてみれば、とっとと「チンポには勝てなかったよ…」って言っちゃったほうが楽でしょうしねぇ。

 

ゆっくりじっくりしたねっとり感が味わいたい方にはちょっとあれかも知れませんが、

まあこれはこれで、って思いました。

ストーリーが早いって事はエロシーンが多いって事ですから。

 

エロビデオで最初のイメージシーン飛ばすような方にはオススメできると思います(笑)


TYPE.90先生の既出作品でお気に入りのやつをご紹介♪