観たぞ!「300-Rise of an Enpire-(スリーハンドレット-帝国の進撃-)」!期待通りの血湧き肉踊る傑作でした!

あの「300」のまさかの続編が!制作側も「まさかw」といってただけに、気合入った作品になってます!
あの「300」のまさかの続編が!制作側も「まさかw」といってただけに、気合入った作品になってます!
主人公テミストクレス。
主人公テミストクレス。

え!スリーハンドレットって続編なんかできんの!?』と前作を作ったザック・スナイダー監 督も思った続編がついに公開されました!しかも、面白い!(≧∀≦)ただのヒットした前作の繰り返しにならない辺りに、制作側のこだわりを感じます。前作 は私利私欲にまみれた評議会に背き、たった300人でペルシアの大軍に立ち向かったスパルタの実話武勇伝を描いた映画。(ちなみに「ラストサムライ」の最 後の戦いの前にこのテルモピュライの話をするシーンがカッコイイ!)

もう一人の主役アルテミシア様!
もう一人の主役アルテミシア様!

今回も史実をベースに、アルテミシオンの海戦サラミスの海戦を描いたちゃんとした続編になっています。時系列的には、スパルタが戦う前のペルシアとギリシャの因縁→スパルタ300人奮闘→全滅→ギリシャ連合軍奮闘→スパルタ参戦という流れなので、ちょいと時系列が難しいところがありますが、ま、あんま気にしなくてもいいかなwそんなに歴史好きな人が観たい映画でもないでしょーし。メインターゲットであるコアなアクション映画ファンが満足できるものは全て揃ってます!

大軍を相手にがんばるテミストクレス達。みんなちゃんとムキムキです。
大軍を相手にがんばるテミストクレス達。みんなちゃんとムキムキです。

まず血なまぐさいゴア描写。これは前作以上です。やたら首や腕や脚が飛びまくります。当然、血もフナッシーばりにぶっしゃー!です。予備知識ないとひくかもしんないですねぇ。(・∀・;)

今回はペルシア軍の侵略パートもあるので、容赦なく女子供は犯され、男どもは首チョンパです。直接的表現じゃないけど、女の子が・・(´;ω;`)ブワッ とゆーぐらい容赦ない古代戦争描写なのです。

アルテミシア様と側近達。まるで里見八犬伝の玉梓ですよ!この構図燃えます!
アルテミシア様と側近達。まるで里見八犬伝の玉梓ですよ!この構図燃えます!

次に大事なのが悪役!これ主役より大事といっても過言ではないです。前作のメイン悪役ポジションのクセルクス王もちゃんとでてきますけど、メインの海戦を指揮する女将軍アルテミシアのカリスマ差は映画の完成度に相当貢献しています。ビジュアル、残虐さ、ちょっと男心をくすぐる心理描写など秀逸です。こんな上司はちょい困りますが、映画でみる分には素敵なキャラクターなのです!

ちなみに、すごいアクションテイストな濡れ場があります。カップルとか家族で見てるとちょいびっくりするかもw そんな濡れ場も堂々と演じきるエヴァ・グリーンさん・・・大物ですなぁ。

部下たちは常にタジタジの迫力。ミスったらすぐ殺されるし(´・ω・`)
部下たちは常にタジタジの迫力。ミスったらすぐ殺されるし(´・ω・`)
攻撃こそが最大の防御。二刀流でガンガン攻めます。
攻撃こそが最大の防御。二刀流でガンガン攻めます。

あと、前作と違う点で、今度は海戦がメインとなります。なので、海戦ならではの戦闘アイディアが凝らしてありますので、ここら辺りも見所です。まー、話の都合上、出てくる人みんなスパルタクラスに強い(前作の王妃まで強いw)のはしょうがないですが、この映画、映画館でみて損はないですぞ!(特に全編、低音のきいた太鼓のBGMで戦闘モードを鼓舞しているので、海の音とあわせて大音響で楽しめます。)

前作で1人いきのこった人。意外に出番なかった。
前作で1人いきのこった人。意外に出番なかった。