「一度限りのAV出演 蒼井楓』なんと収録時間、本番シーンのみで構成されたすごい作品でした!

3年前ぐらいにブレイクした大塚咲さんを彷彿させるナイバデおねーさん。
3年前ぐらいにブレイクした大塚咲さんを彷彿させるナイバデおねーさん。
パッケージ画像。本編もちゃんときれいな人ですぞ。
パッケージ画像。本編もちゃんときれいな人ですぞ。

おけましておめでとうございます。なかなか更新ペースがあがらずにすみません(´;ω;`)ブワッ 今年もブックメイトや業界関連の記事を個人的な観点ですが、ささやかにお届けできればと思います。(ロックや映画もたまに・・・好きなんでw)

で、さっそくですが、1月13日、E-BODYさんより発売の「一度限りのAV出演 蒼井楓」こちらを視聴しましたので、レポートを。

まず本編みて驚いたのが、この作品、どこを切ってもセックスシーンしかございませんΣ(・∀・;) 再生して、ちょこっとグラビアシーンが流れて、もうお尻アップの揉みしだきから、ベロチュー、ペッティングと入ります。本編に5本番入ってるんですが、基本どのパートも同じ構成なので、インタビューやフェラだけ、オナニーだけといったチャプターがないのです!アイドル的な女優作品をお求めの方には、逆に単調で物足りないと思われるかもしれませんが、これはこれで早送りするシーンが少ないというのも事実。これで3Pとか一回いれてくれればさらによかったなーと思いました。(さすがに5回通常セックスだけだと単調に見えます。)

 

こんな上目使いされたらあきまへんわー。
こんな上目使いされたらあきまへんわー。

あと、「一回限りの出演」ですが、このスタイルって意外といいなーと思ってます。失礼ながら今可愛いくてスタイルもいい女性ってほんと増えたので、ユーザーとしてもAVなんで、たくさんの女性みたいってニーズもあると思います。(実際に多くの女性と関係をもつのはリスクがありますし)であれば、1本限りというスタイルで、スカウトも敷居が低いかもしれないし、何本契約で女優さんが頓挫してメーカーさんの負担になるリスクも低くなるかもしんない・・とメリットはあるなーと。ただ、全部そのスタイルだと知名度も伸びないし、商品も探しにくいから困りますけどね(^^;)と、くどくど書いてしまいましたが、この作品、私は良作と思いましたぞ!